読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてのSSDクローン作業

PC

今の今まで一度もSSD(HDD含む)のクローン作業をした事がなかった。

理由は単純、換装後にトラブルが出てきそうだから。

それにOSのクリーンインストールには全く抵抗が無い。むしろその作業が楽しいと思えるくらい。

でもようやく最近になりSSDのクローン作業をしてみる事に。

 

【事前準備】

1 クローンを作れるソフト。今回はMiniTool Partition Freeを使う。

Best Free Partition Manager for Windows | MiniTool Partition Free

2 クローン用の新しいSSD

3 2で使うSSDをクローン元のPCに繋ぐケーブル。

データをコピーするのにあたり新しいSSDを接続する訳だけど、今回はPCケースの蓋を開放してSATA電源とSATAケーブルにてSSDの仮接続を行った。

 

 【作業内容】

やることははSSDのクローン作成。以上。(本当にそれだけ)

クローンを作るうえで注意する点として、パーティションのコピーではなく、SSD丸ごとのコピーと考えて作業を進める事が重要。

SSDを換装した後の起動トラブルに遭遇した人の殆どは、OSが収められているパーティションだけを新SSDへコピーした事が原因で壁にぶち当たっている様だった。

 

しかしOSが入っている起動用のSSDやHDD内にはブートローダーやらで実際のパーティションは1つではない。

f:id:tumy:20170309074018p:plain

赤枠部がOSの入ったSSD。通常ウィンドウズのエクスプローラーで確認できるパーティションは1つ。主に「Cドライブ」と表記されている場合が多いと思う。

でもクローンを行うソフトを介して見てみると、全部で4つのパーティションで構成されている事が確認できる。(4つじゃない場合もあるかも)

このCドライブのみをコピーしてしまうと、換装後に起動出来ないといったトラブルに見舞われるので注意したいところ。

 

まず上記の事を避けるために、作業はCopy Disk Wizardになっていることを確認する。

他にCopy Partiton Wizardもあるけど、それはクローンには使わない。(それでも出来るかもしれないけど、あくまで今回クローンを作成したやり方)

f:id:tumy:20170309124825p:plain

画像の状態はクローン先のSSDを繋いでいないのでリストには出ていないけど許してね。

クローン用に新しいSSDやHDDを繋いでいる状態で、それをターゲットディスクに指定して事を進める。

確か、工程が進んでいくとドライブレターの割り当てをする場面に出くわしたと思うけど、今回は敢えて指定せずにやってみた。

 

大まかな流れは

クローン用SSD繋ぐ→Copy Disk Wizard→再起動→暫く待つ→コピー完了→電源切るSSD換装→終了

といった流れだったと記憶しています。はい。

詳細は割愛。と言うか忘れた。

 

 

【余談】

今回クローンに使ったソフトであるMiniTool Partition。巷ではマイナーなソフトなのか、グーグル先生に「SSD クローン」などのワードで教えを乞うてもトップページにはこのソフトに関するページは出てこない。

自分の中ではコレ一択と言えるほど定番だと思っていたのに少し意外。

パーティションの操作では頻繁にお世話になっております。

 

クローンを進める最中に出てきたドライブレターを指定するかしないの場面があったけど、敢えて指定しなかったのは、換装後にドライブレターが変更されるのでは???という不安があったから。ネットではその辺の事は特に指定しても、しなくても良い様な事をみかけたけど。

 

最後に。分かりきった事だけど、SSDの換装作業はOSを完全シャットダウンするのが常識。特にwin8以降の「高速スタートアップ」が有効な状態で通常のシャットダウンをしてハードウェア変更を行うと後が大変なので注意したいところ。