読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてのSSDクローン作業

PC

今の今まで一度もSSD(HDD含む)のクローン作業をした事がなかった。

理由は単純、換装後にトラブルが出てきそうだから。

それにOSのクリーンインストールには全く抵抗が無い。むしろその作業が楽しいと思えるくらい。

でもようやく最近になりSSDのクローン作業をしてみる事に。

 

【事前準備】

1 クローンを作れるソフト。今回はMiniTool Partition Freeを使う。

Best Free Partition Manager for Windows | MiniTool Partition Free

2 クローン用の新しいSSD

3 2で使うSSDをクローン元のPCに繋ぐケーブル。

データをコピーするのにあたり新しいSSDを接続する訳だけど、今回はPCケースの蓋を開放してSATA電源とSATAケーブルにてSSDの仮接続を行った。

 

 【作業内容】

やることははSSDのクローン作成。以上。(本当にそれだけ)

クローンを作るうえで注意する点として、パーティションのコピーではなく、SSD丸ごとのコピーと考えて作業を進める事が重要。

SSDを換装した後の起動トラブルに遭遇した人の殆どは、OSが収められているパーティションだけを新SSDへコピーした事が原因で壁にぶち当たっている様だった。

 

しかしOSが入っている起動用のSSDやHDD内にはブートローダーやらで実際のパーティションは1つではない。

f:id:tumy:20170309074018p:plain

赤枠部がOSの入ったSSD。通常ウィンドウズのエクスプローラーで確認できるパーティションは1つ。主に「Cドライブ」と表記されている場合が多いと思う。

でもクローンを行うソフトを介して見てみると、全部で4つのパーティションで構成されている事が確認できる。(4つじゃない場合もあるかも)

このCドライブのみをコピーしてしまうと、換装後に起動出来ないといったトラブルに見舞われるので注意したいところ。

 

まず上記の事を避けるために、作業はCopy Disk Wizardになっていることを確認する。

他にCopy Partiton Wizardもあるけど、それはクローンには使わない。(それでも出来るかもしれないけど、あくまで今回クローンを作成したやり方)

f:id:tumy:20170309124825p:plain

画像の状態はクローン先のSSDを繋いでいないのでリストには出ていないけど許してね。

クローン用に新しいSSDやHDDを繋いでいる状態で、それをターゲットディスクに指定して事を進める。

確か、工程が進んでいくとドライブレターの割り当てをする場面に出くわしたと思うけど、今回は敢えて指定せずにやってみた。

 

大まかな流れは

クローン用SSD繋ぐ→Copy Disk Wizard→再起動→暫く待つ→コピー完了→電源切るSSD換装→終了

といった流れだったと記憶しています。はい。

詳細は割愛。と言うか忘れた。

 

 

【余談】

今回クローンに使ったソフトであるMiniTool Partition。巷ではマイナーなソフトなのか、グーグル先生に「SSD クローン」などのワードで教えを乞うてもトップページにはこのソフトに関するページは出てこない。

自分の中ではコレ一択と言えるほど定番だと思っていたのに少し意外。

パーティションの操作では頻繁にお世話になっております。

 

クローンを進める最中に出てきたドライブレターを指定するかしないの場面があったけど、敢えて指定しなかったのは、換装後にドライブレターが変更されるのでは???という不安があったから。ネットではその辺の事は特に指定しても、しなくても良い様な事をみかけたけど。

 

最後に。分かりきった事だけど、SSDの換装作業はOSを完全シャットダウンするのが常識。特にwin8以降の「高速スタートアップ」が有効な状態で通常のシャットダウンをしてハードウェア変更を行うと後が大変なので注意したいところ。

録画PCの組み立て

PC TV

最近になって部屋にTV録画の専用機が欲しい!と思うようになり構想を練り始めた。

録画が出来ればそれで満足なので、家電量販店でレコーダーを買うことも考えた。

が、それではつまらない話で終わってしまうので、録画専用PCを組む方向で構成を考え始める事に。

 

それほど予算はかけたくない、録画専用機にハイスペックは不必要という理由で自作PCの余り物や転用可能なパーツは可能な限り使う方向で。尚メインのPCで使っているパーツが結構古い型だったりするので、それ用にパーツを新規購入して、外した古いパーツを録画専用機に流す事も積極的に行う事とする。

 

【主な構成内容】

PCケース:IW-BK623

CPU:Intel Core 2 Duo E8400

板:Foxconn INT-M24

メモリ:1GB×2

電源:300w

光学ドライブ:パイオニアのBDドライブ(Pioneerのロゴが無いタイプ)

チューナー:PIX-DT260

SSD(OS用):INTEL 120GB

HDD(録画保存用): TOSHIBA 2TB

OS:win10Home 64bit

その他:Bluetoothアダプタ、Wi-Fiアダプタ

 

この中で新たにポチったパーツはBDドライブ、SSD、HDD、OS、Bluetoothアダプタ、Wi-Fiアダプタの6点。金額にして約43,000円。

新品ーパーツを全て録画PCに組み込んだ訳ではないけど、この程度のコストで2チューナー、2TBのBDレコーダーを組めた事はコスパ良いと思う。

ちなみに2TBに画質を最高より1ランク落として録画すると、470時間以上録画可能と表示が出た。

 

OSをwin7にするか迷ったけど、特に7じゃなきゃダメって理由は無いので10を導入する事に。

それと今回一番不安だった板の古さ故のチューナーの相性?も特にトラブルは出なかったので一安心。(動作確認は一切なしでやってた)

流石に今時2GBのメモリでは使用状況が常に50%以上をキープしているけど、録画アプリを起動している程度の事では不足とまではいかなそうなので現状維持。

 

【想定外の出来事】

板の映像出力端子がVGAしかねぇ…。まぁそれは仕方ないと納得してPC側にVGAケーブル刺してテレビの裏を覗き込んだところ、驚愕の事実を目の当たりにする。

VGA入力なし。

PCとテレビ、互いを完全に拒んでいた。

テレビには5個くらいある入力あるけどVGAには未対応。

急きょ、AmazonVGA信号をHDMIに変換する物をポチっておいた。

このままでは作業が進まないので、仕方なく別のモニターを引っ張り出してきてOSのインストールやら、その他の初期設定を済ませた。

f:id:tumy:20170302073638j:plain

フロントの縦に2個並んだUSB3.0は未接続。IEEE1394端子も未接続。

USB3.0だけは後々繋げたいなぁ…

当たってきたからグリーンジャンボミニ買ってきた

出来事 宝くじ

昨日、駐車中に車が突っ込んで来たのでグリーンジャンボミニ買ってきた。

 

駐車場内での出来事だから、損傷の程度は小さいだろうと思っていたけど、運転席のドアを見事に凹ませてもらった。ありがとうございました。

f:id:tumy:20170301072308j:plain

 それにしても相手からの自己申告による発覚だったので当て逃げは回避できたけど。

 

まぁ、突っ込んだのが車だけでなく場内の壁やらにも当てたらしく、物損で警察も御出でになってた。そのお陰で事故の事実は明確になった訳で。

 

今後、事故の保証対応については、ゆっくりと宝くじの結果と一緒に見守ろうと思います。はい。

 

DigiOnSound6 L.E. for ONKYOをwin10で使う

PC 音楽

オンキヨーのUSB-DAC(SE-U55SX2)に付属の録音編集ソフトをwin10に無理やりインストールした手順。

 

DigiOnSound6 L.E. for ONKYOの対応OSはwin8までとなっている。

上記のソフト以外を見ても現時点でファームウェアやソフトのアップデートは軒並みwin8まで。と言うかドライバーの更新日が2009年で途絶えている。

win10が主流になりつつある今に置いて未対応品が目立つ現状、オンキヨーはPC関連の製品展開を見限った感じをユーザーの自分からしたら思ってしまう。PCスピーカーは別として。(USB-DACの他にもPCI-DACも所有)

現在でもオンキヨーのPCサウンド関連の商品は豊富にネットで販売されている(プレミア価格も多く見かけるけど)のが確認できるので、余りにもお粗末なユーザー対応だと思うし、憤りを感じてしまう。

 

 

しかし、かと言って現役稼働中の物を即ゴミ箱行きには出来ない性分なので、何とか生かそうと思案を巡らる。

 

このDigiOnSound6 L.E. for ONKYOは付属のCDにソフトが収められているほか、ネットからもダウンロード出来るはずなのだけど、なぜかオンキヨーのサイトからファイルを落としてもソフトのインストールは叶わなかった。(自分の力量不足だと思うけど)

そして最後の砦となるCDからインストールを試みるも、win10上では自動起動による操作では先に進むことが出来ない。

 

【本題】

通常ディスクからソフトをインストールする際、大抵はディスクをPCに入れれば自動起動して事が進む。

それを回避して直接ディスクの中身を開き、setup.exeファイルを起動する事によりお目当てのDigiOnSound6 L.E. for ONKYOをインストールにたどり着く事に成功した。

下記に手順記載。

 

f:id:tumy:20170224122927p:plain

SE-U55SX2付属のインストールディスクを入れた状態。ここで自動起動が始まった場合はウィンドウを閉じて終了する。

 

f:id:tumy:20170224123144p:plain

マウスの右クリックでメニューを呼び出し、「開く」を選択。

 

f:id:tumy:20170224123236p:plain

「setup.exe」をダブルクリックで起動(管理者権限で)。アプリケーションファイルの詳しい階層、場所は赤線部参照。

後は指示通りに事を進めれば問題なくDigiOnSound6 L.E. for ONKYOをインストール出来るはず。

 

 

【あとがき】

PCはwin10 Home 64bit 環境。

自分ではDigiOnSound6 L.E. for ONKYOの機能をフルに使いこなしている訳では無いので全ての動作確認は不可能。

あくまで「ソフトのインストールに成功、単純な録音作業が可能だった」程度に動作しました程度の内容なので悪しからず。

 

 

PS3にDAC取り付けてみた

音楽 ゲーム

ゲームに対する熱意は完全に失っている。

だけど部屋にはPS3(確か80GBくらいの容量)がテレビと接続してある。

ちゃんと使っている。

DVD/BDプレーヤーとして。

PCでもBDの再生は可能だけど、使い勝手で言ったら断然PS3が良い。子供でも操作できる。

 

このPS3は今まで当然のようにHDMI一本でテレビと接続して、音声もテレビのスピーカーから出して使ってきた。

でも最近になり部屋の模様替えをした。その時ついでにPCスピーカーとして使っていたFormula FH-65Bをテレビ横に設置した。

そのスピーカーに繋いでいるパワーアンプがアナログRCA入力3系統のみのシンプルな物を使っている。DACなど気の利いた機能は一切ない。

 

今回はそのアンプにPS3の光出力で音声を出そうと思い、DACを取り付けていく事にした。

最初はテレビのイヤホンジャックからパワーアンプに出力する事を考えたが、それでは常に必要のない場面でもアンプの電源を入れなければならない。

PS3の光出力を使えば、音声を同時にHDMIと光等の機器に出力出来るので使い勝手がよくできる。

 

DACの選定】 

DACは小型で単機能の物を選んだ。他にも高機能で、半ばラインセレクターを兼用出来る程に充実した機種もあったが、敢えて目的を絞る事によりコストを優先させた。

ポチったモノはコレ↓

www.amazon.co.jpf:id:tumy:20170201080052j:plain

これで全ての内容物。電源は別途USB充電器等から供給する必要あり。f:id:tumy:20170201080057j:plain

f:id:tumy:20170201080055j:plain

f:id:tumy:20170201080102j:plain

DC/5Vの電源端子は外径5.5mm内径2.1mm。説明書には外部電源として、5V DC@2Aと記載あり。

f:id:tumy:20170201080100j:plain

入力は光 or 同軸デジタルのみ。パワーランプは無駄に明るい赤色LED。
PS3は同軸出力無いので光端子を使用。

 

物が手元に届いてから気付いたけど、電源用にUSB-DCケーブルが付属していた。Amazonの商品ページの画像には本体しか写っていなかったので、てっきり他で揃えないと、と思っていた。これは予想外の嬉しい事実だった。(商品説明欄には付属品として、電源ケーブルが記してあったが見落としていた)

実際のところDACの付属品でUSBではなくACアダプターの物も多くあったが、仮にそうであったとしても別途USB充電器などから電源が取れるコードを手配する予定だった。(後に記す理由で)

 

とりあえずの動作確認として電源コードを繋ぎ、適当なスマホ充電器に刺して無事に通電確認。ついでに仮接続でPS3DACを光ケーブルで繋ぎ、音声もしっかり出力されている事を確認できたので良しとする。適当にゲームとか操作とかしてみたけど、特に音の遅延やノイズなどの不具合は無さそうだった。

平凡な2chスピーカーなのでサンプリングレートは44.1kHz、48kHzをチェックする。

 

【重要】

実際に接続する時はスマホの充電器ではなくて、PS3にあるUSBから電源を確保するようにした。こうすることでPS3DACの電源を連動させる事が出来るので、DACを意識せずとも使うことが可能になるっていう算段。(これがUSBで電源供給する目的)

でもここで問題になりそうな事が一点、PS3のUSB電源供給能力。調べてないけど多分、出力は5V 500mA。一方DACの説明書には5V 2A(=2000mA)必要っぽい。

まぁ実際には動作確認で音は正常に出たし、不具合無さそうだったのでこのまま行こうとは思ってる。今後の長時間の使用中、ノイズや動作不安定な症状が出てきたらスマホの充電器にしていけば良いだけの事。

 

【余談】

このDACは外見がほぼ同一と見て取れる物が多数出品されていて、価格も500円台から3,000円台まで幅があったけど自分の中で「どれも機能は一緒」と割り切って892円の物をポチった。

実際それぞれの商品の説明欄見ても違いが判らず、価格の高い物には主に光ケーブルなどがオマケで付いてくる程度だったと思う。

つらい季節の到来

花粉症

晴れた昨日、部屋の窓を開けて暫くしたらクシャミと鼻水が出てきた。
クシャミは一回では終わらず、鼻水は止まる勢いを知らないと言った感じ。

 

恐らく花粉症だと思われる。

 

この地域での杉花粉はまだ早い。未だに雪が田んぼを覆っているこの時期に飛ぶ花粉なんて見当もつかない。

しかし花粉症に効く薬を飲んだ途端、症状は止まる。

これが花粉症だと確信している要因。

 

自分の場合、杉花粉が飛散するころには症状が出なくなるので、それまでの辛抱。

 

 

この時代においてもレンタルCDから逃れられない

音楽 レンタル

Amazonのプライムで利用できるPrime Musicはとても便利。

だけど現在もPCのiTunesライブラリには、CDからリッピングした音楽ファイルが増えていっている現実。

 

CDのレンタルは地元にあるゲオで済ませていたけど、最近はそのコーナーの大幅な縮小、それ以前からも求めるタイトルが殆ど見つからないというのが現状だった。時代を考えれば当然の流れとは思うけど。

そこでCDレンタル先の新天地を探し求めていたところ、DMM.com 単品CDレンタルなるサービスを発見、お試し感覚で3回くらい利用してみた。

その最中、CDを10枚くらい借りてリッピング済みの曲を聴いていたら、音飛びする変なディスクがあることに気付いた。

幸運にも返却前に気付けたのでサポートに連絡したところ、こちらの返送を待つ事無く直ぐに代打CDの送付手続きをしてくれた。

その際自分で申告した内容は「〇〇曲目、△△分辺りに音飛びあり」だけで、現物の検証なども必要無くかなりスムーズな対応だったと思う。

 

結果としては、今後も必要なら使っていこうと思えるくらい便利な内容だった。